fc2ブログ

AIDMA(アイドマ)の法則 + S(サティスファクション)

アイドマ(AIDMA)の法則 とは、

 Attention(注意)
   ↓
 Interest(関心)
   ↓
 Desire(欲求)
   ↓
 Memory(記憶)
   ↓
 Action(行動)

の頭文字を取ったもので、

「購買行動」のプロセスに関する仮説です。

   (営業職の研修会等でも紹介されるようです)

『消費者があるモノを知り、それから買う』 という行動に至るまでの

プロセスであり、コミュニケーションに対する反応プロセスでもあります。


AIDMAは消費者の心理状態を、

「認知段階」 「感情段階」 「行動段階」 の3段階に分けています。


消費者が、

まずはじめに製品やサービスに対して注意をはらうようになる「認知段階」、

次いで興味や関心を抱き、欲求し、記憶する「感情段階」、

最終的に購買行動を起こす「行動段階」の3つです。


そして、最後の + S は

 Satisfaction(満足) で、

購入した人に「満足してもら」事によって、

次のビジネスに繋がっていくことになります。


このプロセスを良く考えていくと、

ネットビジネスでも参考に出来ることは多くあるのではないでしょうか?



BSC

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

【資料請求】
資料請求はこちらから(*^-^)
PSC_Aグループ
【ランキング】
★クリックお願い m(_ _)m
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます。(o^∇^o)ノ
ようこそ!パワーストーンCLUB えぇチームへ(*^-^)ニコ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR